読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エディションの評価!デラックスヴァン・ヘイレンがセールに関係なしの安さ 2017年度 ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース

通販
バランス依頼のVan Halenです。ハードの曲が多く、エディーが今まで以上に弾きまくってます。毎日車の中で聴いていますが、飽きませんね。

コスパ最強と噂の!

2017年02月23日 ランキング上位商品↑

ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース デラックス エディション ヴァン・ヘイレンア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース デラックス・エディション(CD+DVD) [ ヴァン・ヘイレン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

曲自体もなかなかいいんじゃないですかね!VH好きな人は絶対買いましょう!最初に洋楽を聞いたのはwhamでした。にや〜、鳥肌が私の感動の基本です。このアルバムを聴いてから「1984」を聴き返してみると!当時のアメリカン商業ロック路線の香りが漂っているのは否めないなあとあらためて感じ!私はこの「A Different Kind of Truth」こそが!あるべきヴァン・ヘイレンの形ではないだろうかとすら思いました。DVDでメンバーを見るとやっぱり老けましたね!自分の歳を見ても納得です(笑)体調を心配していましたが!やっぱりエディはエディでした。私の場合、本当に感動したりすると思わずにや〜としてしまいます。ヴォイスは少し艶が減ったかな!でも良いっ!!この音!2012・酷暑に最高のヘヴィ・ロテです!!エディー節健在です。ぜったい見るべし。しかし!このサウンドはなにかに例えて表現しようとする事事態が間違いなんだろうと!これがヴァンヘイレンの2012なんだと痛感しました。待ってました!多くの方々が首を長くして待っていたのではないでしょうか?今回はボーカルに「デヴィッドリーロス」、ベースに息子の「ウルフギャング ヴァンヘイレン」が加入でどうかなと思いきや、期待を位裏切らない内容でした!躊躇している人は買いでいいのでは。ツアーが中止になったりして不透明のようですが、来日してほしいです。久々に元気の出る一枚です!。サミーのボーカルも好きですけどね。デヴィッドのヴォーカルを聴くと景気の良かった日本を思い出します。やはり私にはヴァン・ヘイレンのヴォーカルはデイヴなんです。あの曲がいいこの曲がいいという次元ではなく!とにかく全曲聴いていて気持ちが良い!毎日通しで何回転もさせてます。アルバムだけに、デイヴらしさが良く出てます。15歳のパワーを持て余した思春期には自由奔放なギター!パワフルなベース&ドラム&ボーカルがとても鮮烈な記憶にあります。その後マドンナやデュランデュラン、ブライアンアダムスなどポップス、ロックを好むようになりました。何が良いと言って全編まさに HR/HM。ボーカルがデイブに戻っているので!どことなく懐かしい感じがしました。何度でも観たくなっちゃう。エディ復活記念で購入しました。年をとったヴァン・ヘイレン!デイブ・リー・ロスがいます。そこにいるのはちょい悪オヤジを通り越したちょい悪ジイさん達です。気が付けばヴァン・ヘイレン家+デイヴ!という具合に納まったわけですが!DVDで観られるセッションでもみんな実に楽しそうで気持ち良さそうにプレイしているし!これで落ち着いてくれたら私は大満足です。とにもかくにも、全部聴くべし!ずいぶん待ちました。サウンド的に古さも感じず!アメリカンロックの正統派的なアルバムに仕上がっていると思います。次のアルバムも期待しています。ヴァンヘイレンらしくないって言う人もいるかもしれない。しかし50とか60のおっさんがやってるとは思えないぐらい!パワフルなサウンドです。私の世代だとサミー・ヘイガーなんですが!こちらも良いです。DAVID LEE ROTHVAN HALENしか聴かなかった私!おかえり!デイヴ!! 私にとってあまりにも美しすぎるデイヴ様だった@1984・高校生 ので聴くのに一抹の躊躇?がありましたが!サウンドやハモリはあの頃が甦ります。約25年を経てオリジナルメンバーでのアルバムはヴァンへイレン節を漂わせつつ円熟味のある楽曲で即買いです。ライブ映像は!一杯一杯と言う感じでしたが…。デイヴは声の衰えもなく元気いっぱい。デイヴはやはり魅力的なヴォーカリストですね。そして鳥肌。さっきからず〜っと、にやにやしっぱなしです。お父さん同様にカッコいいスリムなミュージシャンになってほしいですが・・・。バリバリのヴァン・ヘイレンです。つづいてCD期待は裏切られませんでした。多くのファン待望のデイヴ復活作なのでしょうけど!アンソニーのコーラスが無く!ヴォーカルも疾走型のサミーからグル―ヴ型のデイヴに戻ってバンドというよりもプロジェクト的な印象を受けるのは気のせい?!個人的には VH3<本作<OU812!BALANCE な感じで初期〜1984!5150!FUCKに到底およばない様な・・・。これって!本当に新譜?昔の未発表ひっぱり出したんじゃないの?って思っちゃうくらいの出来です。しかし初めて聞いたヴァンへイレンはサミーヘイガー(Vo)に交代したばかりで初代VoのDLロスを知ったのは過去のアルバムでした。25年前に初めてボンジョビを聞いてハードロックに入りましたが、よりヘビー系にのめり込むきっかけがヴァンへイレンでした。デイブも渋くていい味でてます。アコギでの曲はなかなかいいですよ!聞くべし!!!すごーく初期VH聞いてるようです。ああ!願わくはこのメンバーでの来日公演を!!ハイテンションなエディが戻ってきて聴きながら顔がにやけまくりです。聞き込んだら味わいが出て来るかもですけど。DVDが再生されだした途端、にや〜です。いまさらですね。なんとゆうか しっくりくる感じです。エディ、アレックス共に相変わらず冴えたプレイを堪能させてくれます。そして!エディのご子息によるベースがこれまたヴァン・ヘイレン家の血ですかね!抜群です。期待度MAXだったこのアルバム、裏切らないどころか期待以上でした。マイケルの脱退は大きいですが!デイブにがんばって欲しいですね。息子のWガングはちょっと若いMアンソニーみたいで残念・・・(見た目がです)。次のアルバムも期待したいです。久しぶりのお気に入りのバンドのCDです。今までマイキーのプレイには満足していましたが!ウルフの方が個人的にはツボです。まずはDVD。それからしばらくして体の中に電気が流れるような感じで鳥肌です。いまヘビーローテーションで聴いています。ゲイリーの「3」の後、どういうサウンドにするんだろうと思っていたが、これは相当若返ったんじゃない?戒厳令あたりに近い気もするし、どことなくDLRバンドにいたスティーブヴァイのようでいて。正直、先行シングルは「ひっかけ」ですよw 嵐の前の静けさです。全部で4曲やっます。そう!映像も良いですよ。それにしてもヴァン・ヘイレン!ギター上手ですね。簡単に云えば!これは必見ものです。どの曲も直球で、理屈ぬきにカッコイイ。DVDは「パナマ」などをアコギで弾いていてこれも良かったですね。1st、5thをミックスして、多少深みを加えた感じのサウンドですかね。売れるかどうかは別として!洋楽ロック系の最近のアルバムの中では一番驚かされた作品です。